ジスロマック

クラミジアの薬、ジスロマックとクラリス、クラビットを比較

  • 2019.07.03

ジスロマックの次に効果があるクラリスロマイシン クラリスロマイシンは、ジスロマックと同じマクロライド系の抗生物質です。細胞壁を持たない細菌にも有効です。 クラリスロマイシンは、ジスロマックに次いで殺菌効果が高く、多くの感染症の治療に使用されます。 男性と非妊婦の性器クラミジアに対する推奨度は、ジスロマックと同じ「A(最高ランク)」に指定されています。妊婦のクラミジア治療に対する推奨レベルは「B」で […]

ジスロマックの副作用で起こる症状

  • 2019.07.01

使用成績調査での副作用の頻度は2.4%!一番多いのは下痢 ジスロマックは、マクロライド系抗生物質に分類される薬です。性器クラミジアをはじめ、様々な感染症に効果を発揮します。 一方、頻度は低いものの、副作用が起こる可能性もあります。 ジスロックを服用したときに、比較的多い副作用は、腹痛や下痢などの消化管症状です。 これらの症状は、ジスロマックの効果が切れたあとにで出ることもあります。 これは、ジスロ […]

ジスロマックの飲み方・使い方は疾患や患者によって変わる

  • 2019.07.01

性器クラミジアの治療なら1日飲むだけで治療完了!効果は最大10日間続く ジスロマックは、マクロライド系の抗生物質です。有効成分として、アジスロマイシンが含まれています。 ジスロマックには細菌の増殖を抑える働きがあり、様々な感染症に有効です。ペニシリン系やセフェム系の抗生物質では駆除できない細菌にも効果があります。特長は、他の抗生物質よりも作用が強いことです。 性器クラミジアの治療の場合、250㎎錠 […]

ジスロマックは特定の細菌に効果を発揮する

  • 2019.07.01

ジスロマックは多くの細菌感染症に効果を発揮する ジスロマックは、様々な感染症の治療に有効です。 クラミジア 歯周病 マイコプラズマ肺炎 ジスロマックは、クラミジアの第一選択薬として知られています。今までの抗菌物質に比べて効果が高く、多くの細菌に対し抗菌効果を発揮します。 例えば、ジスロマックは歯周病の治療に使われることもあります。歯周病は、口内の菌が歯周組織に炎症を起こす病気です。放置していると、 […]

ジスロマックの市販薬は?薬局で購入できる?

  • 2019.07.01

ジスロマックが市販されていない理由 クラミジア治療に使われる系抗生物質「ジスロマック」は、処方せん医薬品に指定されています。 処方せん医薬品は、医師の診断と処方に基づいて使用することが義務づけられている薬のことです。 ドラッグストアでは販売されていません。入手するには、医師の処方を受ける必要があります。 なぜなら、ジスロマックは、間違った使い方をすることで、重い副作用を起こしたり、耐性菌を発生させ […]

ジスロマックを使用する際の注意点

  • 2019.07.01

ジスロマックを使用してはいけない人 過去にジスロマックを服用して、過敏症をが起こったことのある人は、ジスロマックは服用できません。 過敏症により強いショック状態が起きると、最悪の場合、命を落としてしまう可能性があります。 前回は軽い症状しか出ていなかったとしても、再度の服用は避けましょう。 肝機能障害がある人は、ジスロマックを慎重に使う必要があります。場合によっては、肝機能が悪化する恐れがあります […]

ジスロマックのジェネリック薬

  • 2019.07.01

ジスロマックのジェネリック薬は同じ効き目で安い 性器クラミジアの治療薬であるジスロマックにも、ジェネリック医薬品があります。 日本では、20社近くの製薬会社が、ジスロマックのジェネリック医薬品を製造・販売しています。 ジスロマックのジェネリック医薬品は、全て「アジスロマイシン錠250mg『◯◯』」という名前で販売されています。 ジスロマック250mg錠の薬価は229.6円です。一方、ジスロマックの […]

ジスロマックは性器クラミジアの第一選択薬

  • 2019.07.01

ジスロマックはクラミジア菌の増殖を抑える抗生物質 ジスロマックは、ファイザー社が製造販売しているマクロライド系の抗生物質です。商品名とは別に、一般名として「アジスロマイシン水和物錠」とも呼ばれます。 ジスロマックは、細菌のタンパク質合成を阻害し、増殖を抑える働きがあります。他の抗生物質に比べて、抗菌作用が強いのが特長です。 その作用の強さから、咽頭炎や急性気管支炎、肺炎や子宮頚管炎など、様々な炎症 […]